Special Contentスペシャル

なぜ歯科のチームビルディングに強いのか?

経験があり歯科業界を熟知している

歯科業界歴24年。全国300件以上の歯科医院に足を運び、たくさんの院長先生と出会い。歯科医療への想いや医院経営の苦労など様々な相談を受けてきた経験がある。また情報発信を主とする老舗歯科サポート会社での学びと経験から、これまでの治療中心から予防歯科へシフトしてきた歯科業界の変容・今後超高齢社会において期待される歯科の役割など、業界の動向についても熟知している。予防は院内の専門性を活かしたチーム医療であり、訪問診療や高齢者医療はさらに幅広い他職種連携によるチーム医療であり、今歯科にチームビルディングが必要とされています。

歯科医院で働く人のそれぞれの立場や気持ちがわかる

老舗歯科サポート企業13年での、歯科医院のサポート担当者経験・営業経験から300件以上の院長・院長夫人の悩みや経営上の苦労・相談をうけ本音を聴いてきた経験から院長・院長夫人・医院経営者の立場や気持ちに寄り添える。歯科技工士として6年。100医院以上の取引先歯科医院を持つ大型技工所で、インレー・クラウン・ブリッジ・メタルボンド・フルマウス補綴症例など作製。たくさんの石膏模型とにらめっこしてきた経験から歯科技工士の本音がわかり、立場や気持ちに寄り添える。また窓口スタッフとの連絡やりとりや、歯科医院のミーティングにファシリテーターとして介入しスタッフ(歯科衛生士・歯科助手等)の本音をたくさん伺ってきた経験から、スタッフの立場や気持ちに寄り添える。歯科医院に関わるそれぞれの立場や気持ちがわかります。

チームビルディングの実績・学び・資格をもつ

歯科医院での研修実績:6年。延べ200時間。27歯科医院の方々に向けて実施。 院内でのチームビルディング実績:月1回のミーティング導入から6ヶ月後に保険点数10万点アップ。3期連続で増患増収。など成果の出るチーム作りに定評がある。基本スタンスは、働くスタッフの想いやアイデアを引き出し、尊重し、スタッフの自信・やりがい感を高めて自発的に働くスタッフを育成する独自のミーティング手法。

場活理論、チームワークピラミッド理論、応用スポーツ心理学、NLP・コーチングなどの手法をベースに、場に合わせたファシリテーションで「関係の質」を高め、心理的安全な場づくりから成果の出るチームづくりをしていきます。

歯科経営の第2領域にスタッフと一緒に着手できる

歯科の院長は「歯科医師の仕事・経営者の仕事」を両立し、一般の企業なら3〜4人で分担している仕事を1人で抱えて頑張っていらっしゃることを私たちはちゃんと理解しています。通常の診療業務に急患対応や歯科医師会業務など、第1領域・第3領域の業務に忙殺され、歯科経営上、とても重要な第2領域に着手できずモヤモヤしているという院長先生のこともよくご存知です。歯科の第2領域は、下表にあるように、新患獲得に関る「院外マーケティング業務」、患者定着・再来院促進・予防啓蒙・クチコミ促進・紹介につなげる「院内マーケティング業務」、そしてスタッフ面談、育成、業務マニュアルや院内仕組みづくりなどの「マネジメント業務」が三大業務です。そのため、私たちは、ミーティングをベースに医院の現状をスタッフと共有し、目標をたてスタッフと一緒にチームで着手していきます。もう院長一人で「着手できない」モヤモヤを抱えないでダイジョウブです!

チームで 第2領域 を動かそう!
~もう院長一人で「着手できない」モヤモヤを抱えないでダイジョウブ!~